症状ブログ

2017.06.27更新

腰椎分離症とは、成長期にスポーツなどで、繰り返し腰椎にストレスがかかることで

起こる疲労骨折のことです。

体操競技など腰を反ったり、野球やテニスなど腰を捻るなどの動作を繰り返し

腰椎にストレスがかかり、腰椎分離症を発症します。

発症の仕方に、徐々に痛みを感じるケースや、一瞬ギクっと痛みが走り

それ以降腰痛が続く場合があります。

 

症状:腰痛症と同じような痛みがあります。

   お尻や下肢に痛みや痺れなど、坐骨神経痛様症状をきたすこともあります。

   長時間立っていたり、腰を後ろ反らすと痛みが強くなります。

 

治療:青少年の急性期であれば、スポーツ活動を中止し、

   6ヶ月ほどコルセット着用で骨癒合が期待出来ます。

   この場合、市販のコルセットではあまり効果がないようです。

   整形外科で、腰の型を取って作られたものを使用しましょう。

   消炎鎮痛薬や筋弛緩薬など、薬物療法もあります。

 

予防:運動前のウォーミングアップ、運動後のクールダウンを行う。

   腹筋や背筋の強化を行い、腰周りの負担を減らす。

   体全体をバランス良く使う、ストレッチで柔軟性を高めましょう。

投稿者: 大崎整骨院


SEARCH



CATEGORY

  • 院長ブログ
  • お客様の声
  • 症状ブログ
03-3492-2663