症状ブログ

2017.09.15更新

外反母趾とは、足の親指が変形し、小指の方へ曲がっている状態のことです。

母趾が外側に向いているため、外反母趾と呼ばれています。

 

原因:一番の原因になるのは、先端の狭い靴、ハイヒールなどを履くことにより

   母趾の付け根から先が圧迫され変形します。

   ヒールの高い靴は、付け根にかかる力が増えて

   さらに変形を強くします。

   他には、中足骨横靭帯の弛緩で開張足になり

   足の指の付け根の幅広がる。

   運動不足で足指周りの筋肉が退化する。

   遺伝などがあり、男性よりも女性に多いです。

 

症状:変形(母趾外販)

   足が疲れやすく痛みがある。

   指の付け根にたこが出来る。

 

治療:矯正器具や運動療法などの保存療法。

   手術療法があります。

 

予防:自分に合った靴を履く。

   ハイヒールなどはあまり履かない。

   足の指の運動や、ストレッチを行う。

投稿者: 大崎整骨院


SEARCH



CATEGORY

  • 院長ブログ
  • お客様の声
  • 症状ブログ
03-3492-2663