症状ブログ

2018.10.30更新

野球肘には、内側型、外側型、後方型があり

その中で一番多いのが、肘の内側に痛みが起こる内側型です。

肘の内側には、指と手首を曲げる筋肉(屈筋)と、手首を内側に回す筋肉が付きます。

内側の筋肉の付け根部分に炎症が起きている状態を、上腕骨内側上顆炎といいます。

 

原因:野球によるスローイング動作

   特に成長期の投手に多く発生する、オーバーユースが原因になります。

   前腕にある屈筋が、引っ張る力、ボールを投げる際、外へ捻る力が

   肘に繰り返しかかることで、肘に痛みが発生します。

   また、内側側副靭帯により、強い引っ張りのストレスが肘の内側にかかり発生します。

 

症状:投球時に肘の内側が痛む。

   圧痛や腫れ、肘を伸ばしにくい。 

   また、筋肉や内側側副靭帯による牽引で

   裂離骨折や内側側副靭帯損傷などが起こります。

 

治療と予防:痛みが強い場合は、投球を中止し安静にする。

      肘の負担を軽減させるため、ストレッチや筋力トレーニングを行う。

      フォームのチェックを行い、正しいフォームを身につけることも予防になります。

投稿者: 大崎整骨院


SEARCH



CATEGORY

  • 院長ブログ
  • お客様の声
  • 症状ブログ
03-3492-2663