症状ブログ

2018.10.22更新

頚肩腕症候群とは、首、肩、腕、手指にかけて痛みや痺れを起こす

はっきりとした診断つきにくい、病気の総称を指します。

 

原因:長時間のデスクワークや

   手や腕を酷使する職業や趣味を持つ人

   ストレスなど、はっきりとした診断がつきにくいため

   考えられる原因も様々です。

 

症状:首、肩、背中、腕周りのコリや痛み

   痺れ、脱力感、冷感、感覚障害

   頭痛やめまいなど様々な症状があります。

 

治療:温熱療法やマッサージなどの物理療法

   ストレッチなどの運動療法

   消炎鎮痛薬などの薬物療法があります。

 

予防:猫背など、不良姿勢にならないよう気をつける。

   長時間、同じ姿勢が続かないようにする。

   首、肩甲骨周辺、腕周りのストレッチを行う。

投稿者: 大崎整骨院


SEARCH



CATEGORY

  • 院長ブログ
  • お客様の声
  • 症状ブログ
03-3492-2663