症状ブログ

2017.07.01更新

腱鞘炎とは、腱鞘炎症を起こす障害です。

スポーツではボーリング、テニスやバドミントンなど

手首や肘に、繰り返し負荷がかかることで発症します。

デスクワークやスマートフォン、家事など日常的に指を使う機会が

多い人に発症しやすいです。

また、女性ホルモンのバランス影響で、女性は腱鞘炎になりやすいです。

腱は、指を動かすことが際ずれないよう「腱鞘」と言う

トンネルの中に入っていて固定されています。

指を動かすことで、腱は腱鞘の中で動き、腱鞘とこすれあい炎症を起こします。

 

症状:腱鞘炎には前兆があります。

   うまく手を動かせない、痛みはないが腫れがみられるなどがあります。

   腱鞘炎になると、炎症が起きている部位に腫れ、痛みや熱感、

   曲げ伸ばしがしにくい、痺れるなどの症状が起こります。

 

治療:手術か保存療法があります。

保存療法:手や指の使い過ぎが原因なので、

     できるだけ手や指を使わないで安静にする。

     テーピングやサポーターで固定し、動きの制限をする。

     薬や湿布を使用する。

     温熱療法などで、血行を良くする。

 

予防:手や指を使う作業を、長時間続けて行わない。

   痛みを感じたら安静にする。

   指、手首、肘、肩周りのストレッチを行い柔軟性を上げ、

   筋肉にかかる負担を軽減させましょう。

投稿者: 大崎整骨院

ARTICLE


SEARCH



CATEGORY

  • 院長ブログ
  • お客様の声
  • 症状ブログ
03-3492-2663