症状ブログ

2017.11.23更新

ギヨン管症候群とは、尺骨神経管(ギヨン管)の中を通る

尺骨神経が圧迫され刺激を受けて、薬指と小指の外側に

痺れや痛みが起こります。

 

原因:転んだ時に打撲をしたり、

   サイクリングなど、長時間ハンドルやグリップでの圧迫

   手をよく衝くスポーツ

   パソコン作業が多い方や頬づえをつく癖がある

   ガングリオンなどによる圧迫が原因にあります。

 

症状:薬指、小指の痺れ感や痛み。

   指の細かい動きがし辛くなる。

   手の平の小指側に感覚障害が起こる。

   鉤爪変形(筋肉が固まり、小指が曲がったままになる状態)が起こる。

 

治療:患部を安静する。

   消炎鎮痛薬などを使用する。

   骨折や脱臼などの、外傷や腫瘤によるものは

   手術が必要です。

 

予防:スポーツなどを一時休止し、酷使しないようにする。

   自転車に乗る時は、パッドが厚いグローブを着用する。

投稿者: 大崎整骨院

2017.11.01更新

マレットフィンガーとは、突き指などが原因で指の先端 (第1関節)が曲がって

伸ばす事が出来なくなる状態のことです。

指の先端の骨に付いている、指を伸ばす腱が

骨の一部とともに剝がれる剝離骨折と、腱自体が断裂する場合があります。

 

症状:第一関節が曲がったままで、自分で伸ばそうとしても伸ばせない。

   第一関節に腫れや痛みがある。

   マレットフィンガーは3つに分類されます。

   Ⅰ型:骨折はなく、指先を伸ばす腱が断裂した状態です。

   Ⅱ型:骨折を伴うが、指先の関節にまたがるような骨折ではない。

      腱の損傷はありません。

   Ⅲ型:関節部分に大きくまたがる骨折です。

      手術が必要になるケースがあります。

 

治療:Ⅰ、Ⅱ型は、装具で固定す保存療法で十分に治癒します。

   Ⅲ型は、手術が適応となる事が多いです。

   その後、指の運動や温熱療法などを行います。

投稿者: 大崎整骨院


SEARCH



CATEGORY

  • 院長ブログ
  • お客様の声
  • 症状ブログ
03-3492-2663