症状ブログ

2018.11.07更新

変形性膝関節症とは、加齢や筋力低下などによって、膝関節のクッションの役割を果たす

軟骨や半月板がすり減り痛みが生じます。

軟骨や半月板が少しずつすり減り、変形する事で起こるものを「一次性」

関節リウマチやケガなどの原因によって起こるものを「二次性」の2種類があります。

 

原因:多くは加齢、膝の酷使、肥満、O脚、遺伝などの

   一次性のものになります。

   スポーツや事故、病気など原因が特定できるものは

   二次性の変形性膝関節症になります。

   男性より女性の方が発症しやすいです。

 

症状:歩行開始時、立ち上がりの時など

   膝を動かし始める時に痛みがある。

   膝の曲げ伸ばしで痛みがある。

   症状が進行すると、腫れや熱感

   関節拘縮、内反変形(O脚)などがみられます。

 

治療:運動療法や物理療法などの保存療法。

   保存療法で改善がみられない場合には、

   手術が検討されます。

 

予防:太もも、膝周辺の筋力トレーニングと

   ストレッチを行う。

   適度な運動を行いましょう。

投稿者: 大崎整骨院

2018.11.01更新

肘内障とは、5歳以下の子どもに多く見られ、肘の外側の骨(橈骨頭)が

靭帯から外れて、肘の関節が亜脱臼(少しだけずれている)状態のことです。

 

原因:親が子どもの手を不意に引っ張たときに起こります。

   転んで地面に手をつく、不自然な姿勢で寝返りをしたときなどで

   肘内障になることもあります。

   小さな子どもの関節は未発達のため、

   腕を強く引っ張ると亜脱臼を起こし、肘内障を発症してしまいます。

 

症状:肘に痛みがあるが、腫れや発赤はない。

   腕をだらんとしたまま、動かさない。

   肘を触ろうとすると嫌がる。

 

治療:元の位置に戻すため、徒手整復行う。

   関節がきちんと戻る時に、「コク」っと

   クリック感を触知出来ます。

   正しく整復された後は痛みはなくなり

   腕も動かせるようになります。

 

予防:腕を強く引っ張りすぎないよう、注意しましょう。

投稿者: 大崎整骨院


SEARCH



CATEGORY

  • 院長ブログ
  • お客様の声
  • 症状ブログ
03-3492-2663