症状ブログ

2018.10.23更新

胸郭出口症候群とは、鎖骨や肋骨周りの筋肉が血管や神経の通り道を圧迫

首や肩のコリ、腕や手指のだるさや痺れなどを起こします。

 

原因:生まれつきの原因として頸肋(頚部に肋骨がある)場合や

   首が長く、なで肩の女性、重い荷物を持ったり

   運んだりする職業で多く見られます。

   なで肩や重い荷物を持つことで、肩や腕が引っ張られ

   筋肉に過度な緊張や、血管、神経が圧迫されやすくなります。

   首が太く、筋肉質な男性にも見られます。

 

症状:腕を挙げる動作で手や腕に痺れ

   肩や肩甲骨周囲に痛みが出ます。

   腕にだるさや痺れ、冷感などが生じます。

 

治療:症状が軽い場合は、上肢や肩甲帯を吊り上げている

   僧帽筋、肩甲挙筋の強化運動や、安静時も肩を少しすくめた

   ような肢位をとらせる。

   肩甲帯を挙上させる装具を使用する場合もあります。

 

予防:症状を悪化させる行動を控える、

   重い物を持ち上げたり、リュックサックで重い物を担ぐことを

   避けましょう。

投稿者: 大崎整骨院


SEARCH


ARCHIVE


CATEGORY

  • 院長ブログ
  • お客様の声
  • 症状ブログ
03-3492-2663