症状ブログ

2017.06.23更新

鵞足炎(がそくえん)とは、鵞足と呼ばれる膝の内側に炎症が起こることを言います。

鵞足とは、膝の内側に3つの筋肉が付着している部分で、3つの筋肉の付き方が

ガチョウの足のように見えることから「鵞足」と呼ばれています。

鵞足を構成する筋肉は、半腱様筋、薄筋、縫工筋の3つで構成されています。

 

原因:ランニングやジャンプ、水泳の平泳ぎなど膝の曲げ伸ばしの時に

   膝が内側に入る動作、膝から下を外側に捻る動作をした時に

   鵞足部分で腱と骨がこすれて、膝の内側に痛みを起こします。

   膝が内側に入っている(X脚)方も発症しやすくなります。

   膝が内側に入っていると、内側を通る鵞足と骨がこすれあい

   痛みを起こします。

   柔軟性の低下も負担をかけるので原因になります。

 

症状:膝の内側に痛みがある。

   運動中徐々に膝の内側が痛くなってきて

   悪化すると、じっとしているときも痛みを感じるようになります。

 

治療:運動を控えて安静に保つ。

   急性期で痛みが強い場合は、アイシングや消炎鎮痛薬で炎症を抑える。

   痛みが治まってきたら、ストレッチやマッサージで

   筋肉をほぐすのも効果的です。

 

予防:運動前のウォーミングアップ、運動後のクールダウンを行う。

   鵞足部や周りの筋肉のトレーニング、ストレッチを行い

   筋肉の負担を減らしましょう。

投稿者: 大崎整骨院

2017.06.22更新

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)とは、バレーボールなど跳躍動作を繰り返す競技や

走る動作の多いスポーツで多くみられます。

膝蓋靭帯は、膝蓋骨(ひざのお皿)の下の部分にあります。

大腿四頭筋は膝を通り、膝蓋骨を包むようにして膝蓋靭帯となり、脛骨に付きます。

膝蓋靭帯は、膝の曲げ伸ばしをするときに使われるので

走ったりジャンプをすることで、大腿四頭筋は疲労し硬くなってしまいます。

筋肉が硬くなると、膝蓋靭帯に負担がかかり、膝に痛みがでてしまいます。

 

症状:膝蓋骨の上側、下側に運動後、痛みや圧痛がある。

   運動中痛みがあるが、ウォーミングアップをしていると徐々に痛みが和らぐ。

   痛みが強く、日常生活でも痛みが出るようになり、スポーツをするのが難しくなります。

   靭帯が断裂してしまう。

 

治療と予防:患部を安静にする。大腿四頭筋、ハムストリングの筋力強化を行う。

      大腿四頭筋のストレッチを行い柔軟性を上げ、靭帯にかかる負担を軽減させましょう。

投稿者: 大崎整骨院

2017.06.21更新

オスグッドシュラッター病は、サッカーなどのスポーツをしている子どもに多く見られる成長期の膝の疾患です。

跳躍やボールを蹴るなど、成長期に膝を使い過ぎることで起きるスポーツ障害にのつです。

太ももの筋肉である大腿四頭筋の引っ張る力が強すぎるため

筋肉の収縮が、脛骨粗面を繰り返し牽引することで起こります。

成長期の脛骨粗面には成長軟骨があり、ジャンプやダッシュの繰り返しで

牽引に耐えられず、炎症を起こしたり、骨や軟骨の一部が浮いたり剝がれてしまうこともあります。

 

症状:ボールを蹴るなど、大腿四頭筋を収縮させる動作で痛みがある。

   脛骨粗面の腫れや熱感。

   脛骨粗面が膨隆して腫れあがった状態に見える。

   動かさないと痛みが無くなり、動き始めると痛みが出る。

 

予防:成長期を過ぎると自然に治まることが多いため

   保存療法で症状が悪化しないようにしましょう。

   痛みが強い間はスポーツを中止し安静にする。

   オスグッドバンドを使用して、痛みがない程度で運動する。

   運動後に痛みがあればアイシングをする。

   大腿四頭筋のストレッチを行い、脛骨粗面にかかる負担を減らす。

   左右均等に使えるように、体のバランスを整えることも大切になります。

投稿者: 大崎整骨院

2017.06.20更新

コンパートメント症候群とは、オーバーユースや打撲、骨折などが原因で

コンパートメント(筋区画)の内圧が上昇し、筋肉や神経、血管などが圧迫され

循環障害や神経障害が起こり、痛みや痺れ、運動障害が現れます。

下腿のコンパートメントに好発します。

下腿のコンパートメントは4つの区画に区切られます。(前方、側方、浅後方、深後方)

その中でも前方に発生しやすいです。(前脛骨筋、長趾伸筋、長母趾伸筋、深腓骨神経、前脛骨動脈・静脈)

 

原因:大きく2つに分けられます。

急性型:骨折や打撲などの外傷によって、出血や腫れにより組織内圧が上昇し、循環障害が発生します。

慢性型:スポーツが原因のことが多いです。

    オーバーワークなどで、徐々に筋肉や筋膜の炎症が生じ、コンパートメント内圧が上昇します。

    運動を中止し、安静にすることで症状は消退します。

コンパートメント症候群を起こしやすいスポーツ

急性型:ラグビー、格闘技など

慢性型:陸上競技、サッカー、テニスなどがあります。

 

症状:急性型、痛み、痺れ、運動麻痺などが生じます。

   慢性型、運動時の痛みや痺れ、下腿の緊張感などがあります。慢性から急性に移行することもあります。

 

治療と予防:急性型、放置すると重篤な後遺症が残るので、早急に手術を行います。

      慢性型、運動を中止し、ストレッチなどで関節の可動域を上げ、筋肉にかかる負担を軽くする。

          また、正しいフォームや、トレーニング内容の改善をしましょう。

 

投稿者: 大崎整骨院

2017.06.19更新

足底筋膜炎は、長時間の歩行や立ち仕事をする人になりやすく

また、マラソンランナーや、ジャンプ動作を繰り返す競技をしている人に発症しやすいです。

 

原因:足底筋膜は、かかとから足の指の付け根まで広がっていて、伸び縮みをして

   足への体重の負荷を軽減させるための、クッションの役割をしています。

   ランニングなどの外力で繰り返し負荷がかかることで

   足底筋膜に微細な断裂が入り、炎症が起こります。

   長時間の立ち仕事や歩行、体重の増加、靴が合ってないなども原因になります。

   足の使い過ぎだけでなく、足の筋力低下、足首が硬く衝撃を吸収できない

   足のアーチの形(ハイアーチ、偏平足)などがあります。

 

症状:歩行時にかかとや土踏まずに痛みがあります。

   布団から出る一歩目が痛い、急に歩き出したときに痛みがあります。

 

治療と予防:足の裏の疲労と、筋肉の硬さをとることが大切になります。

      太ももの裏、ふくらはぎ、すねなどをストレッチを行い、

      血行を良くし、筋肉の柔軟性を高めましょう。

      ゆっくりお風呂に入るのも、疲労を取り、筋肉が柔らかくなるので、大切なケアになります。

投稿者: 大崎整骨院

2017.06.18更新

アキレス腱炎は、使い過ぎによるオーバーユース症候群の一つで、

繰り返しのストレスで、アキレス腱に微細な部分断裂や炎症を起こします。

アキレス腱はパラテノンと言う薄い膜で覆われていて、この部分の炎症をアキレス腱周囲炎と言います。

両者は同時に発症していることも多く、鑑別は困難なことがあります。

 

原因:腱の変性、過度の走り込みやよく歩く仕事をしている人。

   ふくらはぎの筋肉(腓腹筋、ヒラメ筋)に疲労が溜まり、筋肉の柔軟性が低下し、腱に負担がかかる。

   歩いているときなど、内側にかかとが倒れてくるなど、足のアライメント不良。

   靴が合っていない、クッション性が低いなどがあります。

 

症状:アキレス腱部や周囲の圧痛、かかとの腫れ

   走ったりするときの運動時痛、足関節背屈時の痛みなどがあります。

 

 治療:RICE処置を行う。

    運動制限をし、運動後や痛みがあるときは冷やす。

    ふくらはぎのストレッチをする。

 

予防:運動前・後にふくらはぎのストレッチを行い、アキレス腱の負担を減らす。

   靴のサイズやクッション性を確認する。

   ヒールパッドで、かかとの高さを上げ筋肉の緊張を下げるなどがあります。

投稿者: 大崎整骨院

2017.06.17更新

アキレス腱断裂はスポーツ活動中に発生することが多く、

特に、バドミントンやバレーボール、サッカーなどの競技で多いです。

跳躍動作の着地や、ダッシュに切り返しなどで、アキレス腱に急激なな負担がかかり、断裂を起こします。

また、加齢によりアキレス腱が硬く、厚くなってしまい、

衝撃を受け止める柔軟性が失われ、日常での負傷が高まります。

 

症状:受傷時に「ブチっ」といった断裂音を感じたり、「ボールがぶつかったような」

   「バットでたたかれたような」衝撃を感じることが多いようです。

   断裂部が陥凹し、下腿三頭筋に力が入らなくなり、歩行が困難になります。

   下腿三頭筋以外の筋肉の作用で、底屈や引きずりながらの歩行は可能です。

 

処置:RICE処置を行います。

   足関節底屈位(足を伸ばし)で固定をし、松葉杖などで免荷をし、負担をかけないようにしましょう。

 

治療:保存療法か手術があります。

   それぞれメリットデメリットがあるので、理解したうえで治療法を選択しましょう。

 

予防:アキレス腱断裂を防ぐため、腱の柔軟性を保ちましょう。

   ふくらはぎや足首のストレッチを行い、筋肉の柔軟性を上げ、アキレス腱への負担を減らしましょう。

投稿者: 大崎整骨院

2017.06.17更新

シンスプリントの正式名称は「脛骨過労性骨膜炎」と呼ばれ、

慢性的な疲労から発症する、スポーツをする人に多い障害と言われています。

特に発症しやすいのは、マラソンランナーなど陸上競技の人がなりやすく、

また、バレーボールやバスケットボールなど、頻繁にジャンプ動作をする競技、

テニス、バドミントンなど急激な負荷の高い競技においても発症が多くみられます。

 

原因:走る、ジャンプをすると筋肉が収縮し、筋肉が付着している骨膜が引っ張られます。

   ジャンプやダッシュなどを繰り返すと、そのたびに骨膜が引っ張られ負担がかかり、炎症症状が発生します。

   筋肉が硬くなると、筋肉の引っ張りが強くなり、シンスプリントになりやすくなります。

   また、走り方、靴、練習方法やケア不足なども原因になります。

 

症状:下腿内側に沿った痛みや圧痛、運動時痛が起こります。

   痛みを放置しておくと、疲労骨折へと移行することもあるので注意しましょう。

 

治療と予防:運動を中止し安静にし、急性期にはアイシングをする。

      急性期以降は、筋肉の柔軟性をだすために、患部を温める。

      痛みのない範囲で、下腿の筋力強化をする。

      ふくらはぎ、すね、足関節や足の指のストレッチを行い、

      筋肉を柔らかくしてあげることが大切になります。

投稿者: 大崎整骨院

2017.06.16更新

テニス肘は正式に「上腕骨外側上顆炎」(じょうわんこつがいそくじょうかえん)と言います。

一般的にテニスのバックハンドストロークで生じるやすく、

初心者や中年以降のテニス愛好家に多いので「テニス肘」と呼ばれています。

また、パソコンやスマートフォンなどで手首や指を酷使し、肘に疲労が蓄積し誰もがかかる可能性があります。

 

原因:手首を伸ばす(背屈)筋肉や指を伸ばす筋肉は、

   肘の外側にある上腕骨外側上顆についてきます。

   筋肉が付いている腱のところで微小断裂を起こし、炎症症状が発生します。

   テニスやバドミントンなどのスポーツや、パソコン作業など肘に負担のかかる動作を繰り返し

   腱にストレスがかかり発症します。

 

症状:手関節背屈時や物を持ち上げたり、タオルを絞る動作などで

   肘の外側から前腕にかけて痛みが生じます。

 

治療法:保存療法を行います。

    スポーツ、手首などをよく使う作業をを控え、安静を心掛けましょう。

    テニスバンドを使用する。

 

予防:運動前にストレッチ、ウオーミングアップをする。

   運動後は肘関節を冷やし、クールダウンを行う。

   肘周りの筋力強化を行う。

   技術の習得、ラケットの変更などで再発防止を努めましょう。

投稿者: 大崎整骨院

2017.06.16更新

腱板損傷とは、肩にある腱板が損傷したり、断裂してしまうことです。

腱板とは肩関節を安定させている筋肉のことで(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)

4つの筋肉から構成されています。回旋筋腱板、インナーマッスルとも呼ばれています。

腱板は骨と骨、肩峰と上腕骨頭に挟まれているので損傷しやすく

特に棘上筋が最も損傷を受けやすいです。

 

原因:最も多い原因は、加齢によるものです。

   加齢により衰えた腱板に繰り返し負荷がかかり

   腱板を損傷してしまいます。

   また、スポーツや交通事故で大きな衝撃を受け損傷するものもあります。

 

症状:外転(腕を横に上げる。)60~120°の間で運動時痛があります。

   就寝中痛みで目が覚めるなど、夜間痛があります。

   腕を上げるとき力が入らない、

   肩の前面にゴリゴリ軋轢音(あつれきおん)がするなどがあります。

 

治療:三角巾などで固定し、肩を安静にする。

   消炎鎮痛薬などを使用する。

   痛みが強い場合は、「麻酔薬」「ステロイド」などの注射して

   痛みや炎症を抑える。

 

予防:ストレッチを行い、肩周囲の関節の柔軟性を上げる。

   腱板、肩周囲の筋力強化を行いましょう。 

投稿者: 大崎整骨院

前へ 前へ

SEARCH



CATEGORY

  • 院長ブログ
  • お客様の声
  • 症状ブログ
03-3492-2663